ちりとてちん あらすじについて・朝の連続テレビ小説ちりとてちんの出演者・あらすじ・ネタバレなど最新情報を随時お届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちりとてちん あらすじについて






ちりとてちん あらすじ 第6週「蛙の子は帰る」(NHK連続テレビ小説)
ちりとてちん あらすじ 第7週「意地の上にも三年」(NHK連続テレビ小説). 11月12日(月)~11月17日(土)元一番弟子の草原(桂吉弥)と四番弟子・四草(加藤虎之介)が、徒然亭一門に帰ってきた。 喜ぶ喜代美(貫地谷しほり)と草々(青木崇高) ...



今週のちりとてちん「意地の上にも三年」
(あらすじ) 元一番弟子の草原(桂吉弥)と四番弟子・四草(加藤虎之介)が、徒然亭一門に帰ってきた。 喜ぶ喜代美(貫地谷しほり)と草々(青木崇高)だが、肝心の草若(渡瀬恒彦)は「俺はもう落語家やない」と素っ気ない。 ...



『ちりとてちん』第41回あらすじ(11月16日)
すると、そこへ小草若(茂山宗彦)が、ちゃんと稼いでいるのがわかるように、一番高い線香をくれとやって来た。お母ちゃんを安心させてやりたいたいという小草若の言葉に、そう思うのならお父ちゃんと仲良くしろと言う菊江と、3年前の事件の時、草若には ...



『ちりとてちん』第40回あらすじ(11月15日)
草若はいつでも亡くなった奥さんのことを考えていたのだと気づいた喜代美は、三年前一門会の日に、別の女と一緒にいたという草若の行動を不思議に思った。 次の日、喜代美は糸子(和久井映見)から蕎麦の打ち方を習うのだが、なかなか上手に打てず途中で ...
スポンサーサイト
Copyright © ちりとてちん最新情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。